2011年1月 1日 (土)

あけましておめでとうございます!

今年もよろしくお願いします!

いろいろやってたら12月31日にやりたいことがまったく終わらなかったのでブログのまとめ更新も正月ということに…。
あとチャットに来てくれたみなさんありがとうございました。なかなか良い年越しでした。

除夜の鐘も突きに行きましたよ。

まったく効かないけど。

とりあえず2010年を振り返ります。

 

2010年いちばんやったゲーム

たぶんCoD:MW2
ジャベリン楽しいよジャベリン。爆破範囲が大きくてたくさん敵を巻き込めた時の快感がたまらない。
キノの旅でもあったけどストレスの解消には自分にはいっさい害がなく残虐性のある場面を体験することなのだろうな。そういう意味ではオンラインゲーにありがちなレベル上げの無駄な時間を省いて殺人体験をさせてしまうこのゲームはストレス解消に最適なのだろう(←追記:人によります)

なんかこの文を読んだ人が新年早々ドン引いてる気がしますが…人間とはそういうものなのだから仕方ない。

次点でポケモン金銀(ハート・ゴールド)かな。
高固体値の作り方を知って本格的に廃人プレイしてしまった。
BW発売してるのに金銀してたからね。まだBWクリアできてないという悲劇。

 

2010年いちばんよかったアニメ

一位:とある科学の超電磁砲

バトルパートが特に好きでした。物語にいくつも伏線を潜めながら物語が進むのもよかった。特にキャラ萌えとかはないけどストーリーがよかった。
あとOP曲がいいですよね。特に一期のonly my railgun。多分2010年でいちばん多く聞いた曲。

二位:パンティ&ストッキングwithガーターベルト

後述。

三位:戦国basara

二位との間がかなりあるけどあえて上げるとするならこれ。
でも正宗がカッコよくて普通に好きでした。あとやっぱりアレ、忠勝。あのバトルシーンは見返してしまう。

イカ娘面白いけど5話くらいで停止中。
けいおんは一期は全部見た。二期の途中で停止中。
みつどもえは3話まで見て停止中。

やっぱり自分の場合ほのぼのなだけじゃあ最後まで続かないかなと。
いや、見る暇があれば見たいけれども。イカ娘は一話がもの凄くよかったんですけどね。

 

2010年でいちばんよかった漫画

一位:鋼の錬金術師

あれだけ広げておいたのに完結が見事でした。
これを一位に持ってこないわけにはいかない。

二位:GANTZ

とうとう全世界を巻き込む最終戦争に。
自分だけの、自分が生き残るための戦いのつもりがいつの間にか世界を救うことになる話はなんでも胸が熱くなるな。
好みにもよるけど背景その他もろもろの描き込みの多さは私の持っている漫画ではダントツ。

三位:アイアムアヒーロー

ふと手に取ったが正直かなりのお宝発掘ができたなと思っている。

 

2010年でいちばんショックだったこと

インフォシーク(トライポッド)のサーバー消滅。

それに伴い鳳凰連の同人誌通販ページ
ここに来てくれる男性諸君の目的である裏小説
サイトコンテンツから全て消滅。

つか、私の腐れエロ小説とかどうでもいいけど、ユエルの絵を100枚くらい描いた偉大なるお方のサイトなどがぶっ飛んだのが痛い。これ私と似たような絶望に苛まれてる人いるよ絶対。

 

パンティ&ストッキングwithガーターベルト

ありがとうパンスト。
私に『このキャラで二次創作小説を書きたい!』という衝動を沸き立たせ、実際に昇華にまで至ったのは実に3年ぶり。

三年ぶりに私の半身を二次元に引きずり込んでくれて本当にありがとう。

いま気持ち悪い書き方しましたが、想像力を働かせて創作しているときって本当にその世界に入り込みながら考えますからね。絵でもそうでしょうけど。

現在、完成率97%。原稿用紙51枚。

「shit...軽くイッちまったか」
「これで軽く、なんだ…」

パンティの蜜壷からゆっくりとブリーフのいきり立つ男根が抜かれた。
白く泡立った愛液でデコレートされているがまだまだ硬さも光も失ってはいない。

「まだまだ僕はがんばれそうだよ。パンティ、安心して」

その言葉にビッチとしてのプライドを傷つけられカチンときたパンティは
中指を立ててブリーフの目の前に勢いよく突き出す。

「あん?あんまビッチのテクを舐めんなよ?第二ラウンドといこうかギークボーイ!」

まるで天使の羽根のような光の紋様が背中から生えた。頭にはまばゆい光を放つ光輪が浮かぶ。
ブロンドの髪が光の反射で白く映え、薄暗い部屋を聖なるあかりで照らす。
普段とは違って光をさえぎる前髪が散らされていたので、光のアートが強く瞳に焼きついた。

 

!?

 

 

エロ6:ギャグ4で入れてったらわけのわからないことになった。これはいつにも増してノリがエロ漫画である。書いた自分で読んでて笑えるもん。しかもコレ、ピクシブにR-18小説で投稿予定っていう。こんな路線で持って行って大丈夫なのだろうか。

ああ誰か私の背中を押してください。 

 

 

 

 

 

 

 

二次創作小説の最大の敵が原作のアバズレさだった。

注意・パンティ&ストッキングwithガーターベルトは全年齢向けアニメです。エロアニメではありません。

チョークの×印=男が射精した回数。
パンティがどうこうというより一日12回射精できる男の方がすごいよねコレ。
一日中やってたとしても無理じゃないか…?これがパンストの世界では普通なのだろうか。

日記のハート=パンティがセックスした相手の数。
一日の最高が8人。ああ、でもそういう仕事についてる人なら余裕の人数か?

さらにパンティの『あたしまだ二回しかイッてないんだけど』って台詞があったのを思い出して非現実ハードプレイを小説内で強行するしかなくなったっていう。

なんだよ、二回で十分じゃないか…。

 

ブルーロングヘア・ヘイト・シンドローム

なんか、もう髪が青くて長い女性キャラを好きになれなくなりそう。
いやあ腹黒キャラは好きなほうだと自覚してたはずなんだけれども。
髪が青くて長いキャラってなんか悪い共通点あるよね。どれもトラウマを生むくらい腹黒くて醜悪な面があるよね。

イカ娘に途中で飽きたのは私がブルーロングヘア・ヘイト・シンドロームに冒されているからかもしれない。この症状は2011年以降まで続きそう。まだプレイしてないうみねこ最終話をプレイすることでもしかしたら治るかもしれない。

うみねこ、早くカモン!

 

◆一言メール返信

一言メールじゃないけどそろそろコメント欄埋めるんでこっちで。
広告が多すぎる。

>kwgさん
メリクリですー
フライトプランの件を聞いた時は絶望感でいっぱいでしたね、やっぱりファン的にX、グランテーゼがトドメだったのでしょうか(ry
いつか復活することを願って・・・
>ロストサンクチュアリ
インフレとかいうレベルではないですねw禁止・制限にするにしてももう数月はかかりそうですし・・・
そんな自分は突如宝玉獣デッキを組んでみたり(爆

チャットありがとうございました~!
サモンナイトいちばんの謎はサモンナイトの名前でどうして世界観変えて勝負に出たのかって話ですよね。世界観はともかくなぜ絵師まで?
FFやDQがそうだからウチもそれでいくんです、みたいなノリだろうか。

なんかあれは下の方のひとたちの実力を大幅に引き上げたというか。
いいカード入れすぎなんですよ。激流葬とか地砕きとか!

宝玉獣w
ああでも大嵐禁止はかなりよかったですよね!

| | コメント (0)

2008年10月26日 (日)

KHM 作:西沢秀二先生 感想&考察

ちゃんと買って読みなさいよ!
読まなきゃ死刑だからね!

KHM(カーハーエム)

教会に所属する「魔女狩り」の使徒であるヘンゼル(兄)とグレーテル(妹)のお話。
ヘンゼルは1ページ目でKHM15お菓子の家の魔女アンネリーゼの手によって殺害されるので主人公はグレーテル。ガンガンフレッシュの新人作品のほとんどはタイトルに主人公かそのパートナーを描いているのに対してKHMではアンネリーゼが表紙を飾っている。グレーテルよりも感情描写が濃厚になされているので実は魔女である彼女が主人公なのかもしれない。

KHMとはグリム童話(ドイツ語:Kinder und HausMärchen)が由来のようですね。調べてみて初めて分かったのですがグリム童話には作品ごとにナンバーがつけられている。

KHMの15番とは「ヘンゼルとグレーテル」。兄弟が森に迷い込んでお菓子の家にたどり着くアレですね。ちょうどこの作品と一致しています。

兄の仇である魔女に足の骨折の治療をしてもらったグレーテル。
魔力で傷や欠損部位を再生できる魔女の家に人間の治療道具があったり、人間の治療の仕方を知っていたのは魔女が元々は人間だったから?それとも包帯などは襲って殺した迷子の遺物で、知識は部屋にある並べられた本から学んだ?

アンネリーゼは肯定していませんでしたが、回想で隠れて子供たちを観察していたり、子供たちが手掴みでケーキを食べていることからヘンゼルの言うとおり、魔力を込めたお菓子で家の中まで誘い込んで殺していたというのは事実のよう。

ヘンゼルはアンネリーゼが自分を騙して油断させておいて殺す気なんだと疑い、尻尾を掴もうと魔女を挑発するようなことをしていますが、その行為に後悔のある魔女は黙るだけ。
ヘンゼルは兄の前ではいい子演じるけど女友達の前では女王様になってるタイプだな、間違いない。

KHM46男魔女フィッツェ・フィッチャー。
グリム童話の46番はフィッチャーの鳥。まっしろ白鳥。自分の妻にするために小娘をさらい試練を与え、不適格だと判断するとバラバラにして殺していた魔法使い。
KHMでは魔力で身体(左手のみ?)を凶器に変えることができ、その爪は分厚い壁でさえ切り取ることができるようです。

名前と住所は知っているようですが魔女同士には同属意識はあり?グリム童話のナンバー通りだと200人以上の魔女がいるようですが。人間の倫理とは別に魔女としての倫理もあるようですが、獲物の横取りや揉め事はご法度ではない模様。

「私も…みんなとニコニコしていたい!死ぬときは誰かに泣いてもらいたい!!」

手首を切り落とされてもグレーテルを逃がすために必死にフィッチャーを止めるアンネリーゼ。

「魔女狩り」の武器。グレーテルは弓矢。ヘンゼルのは巨大なハンマー。
わざわざヘンゼルの武器を借りたのは近距離だったから?弓矢では致命傷を与えられそうになかったから?ラストに弓矢を背負ってないことからグレーテルの弓矢も本から取り出すタイプのよう。もしかしてグリム兄弟謹製の「魔女狩りの書」は二人で一冊だったのだろうか。

身を犠牲にしてグレーテルを救ったアンネリーゼ。
「兄を殺して…気持ちよかった?」グレーテルは勘違いしていたことに気付きます。魔女は快楽のために人を襲い殺しているのではなく、人の血肉から魔力を吸い上げないと生きていられない種族だということに。教会では魔女の能力や種類はちゃんと把握しているようですがなぜ魔女が人を殺すのかはわかっていなかった様子。またはわかっているが魔女殲滅を効率化するために同情を誘うような不必要な知識を使徒に与えていないのかもしれない。

「人間を一人つれてきてもらえますか?」

自分の呪われた運命をグレーテルに思い出させるように冷たく言い放つアンネリーゼ。この呪いから解き放つために敢えてグレーテルを突き放します。魔女に生まれてしまったために背負った、殺したくないのに人を殺さなければ生きられないという呪いの悲しさに涙を流すグレーテル。

「ありがとう」

グレーテルの涙によって魔女ではなく、人のように生き人のように死にたいという願いが実現したアンネリーゼは人としての幸福に満ち天に昇って行くのでした。

… 

初読の感想は( ^ω^)絵超上手いだったのですが、読めば読むほど考えれば考えるほど深くてのめり込める物語でした。ケーキを食べるグレーテルに萌えても良いし、花を出すアンネリーゼに萌えてもいい。

こんなに面白い漫画をありがとう。
これからも西沢先生を応援します!

◆一言メール返信

ちなみさん
7周年おめでとうございます~
しかしもう7年ですか…早いものですね。

>KHM感想
つづくwwいったいなにが…(・ω・)

ありがとうございます!ええ、早いものですよ。因診さんOYOUさんとの付き合いは6年くらいになりますかね。

いやあ、あまりにも良かったので言葉をまとめるのに時間がかかってしまいました。
因診さんのプロデヴューも持ってますからね(笑)

| | コメント (2)

2008年10月13日 (月)

OYOUさんの漫画が雑誌に載るそうです

OYOUさんのブログより転載。

今月発売のフレッシュガンガンに漫画家OYOUさん(真名:西沢秀二さん)の漫画が載るそうです!おめでとうございます!
雑誌の発売日は10月21日。おお、鳳凰連サイト開設8周年と同じ日か。

 

 

買って読みましょうね☆

 

 

| | コメント (2)

2008年4月 5日 (土)

自転車で200km走る苦行2

コンビニを出て鈴鹿峠を自転車で上りました。いや、もちろんグーグル地図なんで峠の名前どころか峠ってことも知りませんでしたよ。ただ朝から山道がありそうだなぁということだけ視認してました。

なんかね、きつい坂じゃないんですけど長いんですよとにかく。
で、上の方みると遠くに山と山を渡している赤い橋が見えるんです。橋。
そこを車が通ってるんですよ。それを見てあんなところにも道があるのかーと思いました。

途中で、この長い上り坂がその橋まで続いていることに気付いて絶望しました。

左の膝痛いんですけど。筋肉痛なんですけど。
自転車を押したり漕いだりしてなんとか上りきってその橋から撮った写真がこれです。

写真の真ん中あたりから右側にみょんみょんみょんって伸びてる道を進んできました。
写真でこの苦労が伝わるでしょうか。

このあと道を間違えないように国道の看板を確認しながら進んで、琵琶湖大橋を自転車で横断しました。自動車だと橋渡るのに200円かかるけど自転車はタダなんですって。橋の上は風がめちゃくちゃ強い。

橋を渡りきったのが15時くらいかな。渡った先は滋賀県の堅田というところなんですが、なかなかの都会。ここで大人しく休憩しておけば良かったorz

いや、まだ15時なのでいけると思ったんですよ。ここで琵琶湖を眺めながら北上してしまいました。そしてその先は田舎田舎田舎田舎…!!!!
いちど、ネットカフェでインターネット&漫画読みながら宿泊というものをしてみたかったんですよ。2日目はネットカフェで宿泊と決めていたのに堅田を出てしまったらもう田舎の風景しかなあああああああい!!
途中でホテルを見つけましたが、学生が合宿で使うような場所だったのでやめました。

ネットカフェでなく普通のホテルでも良かったんですがなんていうか、インターネットがしたかったのよね♪(ネット中毒

で、まあ、こんなくだらない考えのせいでこの日のうちに家に帰ることになっちゃったわけです。小浜市から今津駅にバスで行ってそこから京都や大阪、仙台に行っていたので今津駅まで行けば楽勝だと思っていました。

100km自転車漕いで18時に今津駅に到着してあと少しだー、と思っていたら

小浜まであと34kmっていう看板が出てるんです。

34wwwwww無理wwwwwwwwあばwwwwばばばばはwwwwwwwwwwそういえばバスで一時間かかって今津駅まで行ってましたwwwwあwwwwwwwwwww距離的にそのくらいあるのか…wwwwwwwwwもうだめぽwwwwwwwwwwwww

走ってる最中に中学校、小学校で遠足のとき通った道を自転車で走りました。

ああ、あの時は苦労したっけな…懐かしい。

大人用の水筒が重かったな。

遠足で来たということはもうすぐなのか。

あっ

 

あの遠足は電車に乗って
遠くの駅についてから歩いたんだった\(^o^)/

 

 

で真っ暗になってから山越え。一番腹が立ったのは国道って名前がついてる大きい道なのに外灯がないんです。あと反射板も。自動車でも自転車でもライトの無点灯運転はダメだと言われていますが無点灯だと進めないです。真っ暗で。

あと田舎トンネルまじやばい。絶対、自転車で走ることを想定してない。
音が反響してきてすごいんです。トラックが通っていると地獄にいるような感じです。

「うおおおおお、うるせえええええ!!ふぁびゃああああ!!!!!」

みたいなことを叫びながら走った記憶があります。しかも地元に帰ってきたのを歓迎するように雨が降ってくるんですよ。おのれ神め、許さん。

父メール「雨大丈夫か?車で迎えに行こうか」
私返信  「一度言ったことは最後までやり遂げてこそ男だぜ(顔文字)」
父返信 「よく言った(はーと)  お父さんの子だぁ(グッド)」

 

お父さん、そのメールはやばいです

 

最後に旅の途中にデジカメで撮った写真をのせておきます。

1.私の自転車。神具。かごつき。
4年前、23000円引きをしていてお得だったので通販で買いました。元の価格は90000円。77000円ってお得じゃね?うふ。
かごつけてるとかっこ悪いとかカッコいい自転車なのにもったいないとか言われますが、前カゴあるのとないのでは便利さがまったく違うからなあ。万が一の対人・自動車との衝突事故のときもかなりダメージ軽減になりますし。
かばんの中には地図、ペットボトル、デジカメが入ってました。

2.仙台から名古屋へ行くフェリー内部の写真。
木は作り物でした。さすがにね。

3.名古屋あたりの橋。
自殺者がいたのか花が添えられているところがありました。さすがに写真には撮りませんでしたが。

4.見つけて爆笑した工場。何を作っているんだww

5.琵琶湖大橋。下にある湖が琵琶湖です。大きい橋ですよね。

6.白髭神社。水の上の鳥居。

そんなこんなで帰ってこられたわけですよ。自転車につけたメーターが示した走行距離は228km。最後の日は134キロ(山道多し)という個人的ギネスでした。でもなんとか帰ってこられたなあ。もう方向音痴とは呼ばせない。

| | コメント (0)

2008年3月31日 (月)

自転車で200km走る苦行

プルルルル…

「チッ、誰だよ夜10時に電話かけてくるアホはー!!」
ピッ
「どうも、○○の○○です。●●君?」 
↑会社の上司

「あっ!どうもごぶさたしておりますッ!」
「いつごろ仙台から帰ってくるの?3月中に帰ってくるよね?」
「あ、はい。その予定です」
「27日には地元にいる?」
「ええ、多分います。ただ…」
「ただ?」
「自転車で帰るんで…」

「…は?今なんて?」

「自転車で帰るんでわかりません」
「おいおい、大丈夫かー?何日かかるのw気をつけなよw」

家まで自転車で帰るのが夢だったと言ったら納得してくれました。まあ3月27日に出勤しろってことになったんですけどね。3月23日に仙台から船に乗って24日に名古屋に到着なのですよ、これ時間的に危なくないか…?

本当は仙台から帰りたかったのですが自転車暦の長いChenowthさん曰く、パンク修理も自分で出来ないトーシロがそんな長距離を自転車で走るなんて無理、やったら死ぬと教えてくれたのでできるだけ短くして名古屋にしました。

で、なんとか自転車で帰ってきたのでそのときのことを書きます。

23日(日) 私の家→仙台港 24km
        8時30分発 10時30分着

24日(月) 名古屋港→三重県亀山市関町関ロッジ 70km
        9時30分発 18時着

25日(火) 関ロッジ→福井県小浜市 134km
        8時30分発 20時30分着

●kmはその日の走行距離です。
青が24日、赤が25日。
赤、これ太平洋から日本海って…山越えしてるはずなんだけど正気ですかとか心配してくださった方、ありがとうございます。最後のほう(琵琶湖沿いからカクッと逸れるところ)はずっと正気じゃありませんでした。

仙台港まではちゃんとした地図を貰っていたのでけっこう楽にたどり着けました。
そこで2000円払って自転車をフェリーに積んでもらいます。
ええっと自転車はオートバイ扱いになるのですが、積む場所に案内してもらう際に超恥ずかしかった。
みんな大排気量のバイクなんですよ、バイク。
二輪の方はこちらへ、って案内員の方が指示してくれたのですがけっこう遠いのね。
みんなバルンッバルンッ言わせて走らせていくあとに私が後ろから買い物自転車でキコキコキコキコって距離離されながらもついていくの…。

笑えよ(涙

船は快適でした。想像より揺れて酔いそうでしたけど。
船だと面白いテレビ番組とかやってないんですね。コンサートとかやってましたけどそんなに興味を引くものでも無し。あとは外見てたけど飽きたので夜はずっと世界樹の迷宮Ⅱをやってました。いもむし死んでください。

朝、名古屋に到着。降りるときに籠に入れておいた自転車の鍵が盗まれているのに気づく。まあ600円くらいだからいいか。途中で買おう。

なんというか、グーグル地図を印刷して持ってきたのですがほとんどわからない。
国道しか表示されてないんです。信号とか細い道とかなんも無し。これは辛い。
名古屋あたりは迷いましたが、四日市市あたりからは国道が安定してました。
二日目の走行距離は70km。「道の駅」で泊まれるところを聞いて関ロッジというところを勧めてもらいました。けっこう地元の人が修学旅行とか部活の遠征で利用してるらしいから三重県民なら知ってるんじゃないかな?

ジャンプ買ってホテルで就寝。この時点で足筋肉痛です。

二日目、山道多いので荷物を減らすために脱いだ服を箱に詰めてコンビニに持ち込み郵便で送ってもらう。コンビニのおばちゃんたちが朝から元気でした。

「小浜市まで自転車!?」
「キモーイ!小浜市ってあのオバマ氏だよね!」

この時、まさかこの日のうちに地元まで帰ることになるとは思ってませんでした。

つづく。

| | コメント (0)