« はっとした | トップページ | ネーナ「あまり私を怒らせない方がいい」 »

2008年1月31日 (木)

狼と香辛料

ライトノベルで有名なのは知っていたのですが、どうもライトノベルが原作のは話がわかりにくくて難しくて入りづらいってイメージがありますね。

とりあえず1~4話。賢狼ホロに魅かれて見てしまいました、狼と香辛料。
誰か原作知ってたりアニメ見たりしてませんかー。

俺に、嫁が、嫁が出来た。

原作読んでない分際ですがちょっと解説。
時代は…いつだ。まあ銃器とかはない時代ですよ。あと馬車。
商人のロレンスは旅の途中で豊作の神、賢狼ホロにかなり特殊な方法で出会います。
そこから世界観を説明しながら金儲けの話とか通貨の話とか、まあぶっちゃけそういう旅モノです。ほのぼの。狼娘のホロに萌えられなければただの汚物と化す可能性があります。

獣っ子だし、賢そうに見えてドジだし、喋り方面白いし、妖艶だし、かわいいし、獣っ子だし私にとってはたまらなかったです(*´∀`*)

「わっちのしっぽ、見てくりゃれ」
でも、うん。狼の尻尾どころか犬の尻尾もあんまり見たことないけどみたいだよね。
上の絵だけ見て「ああ、こういうアニメなのか」って思った方、違います。
これは面白い絵のところだけ抜き出してるのでこんな悪人面の主人公でもないですし、ホロはビッチじゃないです…ないですよね?いやでも4話のあれは『男をベッドへ誘う正しいやり方』って教科書に載っててもいいくらいフォームが綺麗だった(何言ってるんですか

とりあえず、叫びたい。
あそこで余計な邪魔が入らなければ二人はベッドでにゃんにゃんだったのにな!余計なことをぉぉぉぉぉぉ!!

えっ、これワンクールで終わるの?マジで。
この後の展開次第では原作買おうかなぁ。

|

« はっとした | トップページ | ネーナ「あまり私を怒らせない方がいい」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« はっとした | トップページ | ネーナ「あまり私を怒らせない方がいい」 »